saikoの日記帳

about

ミニユーロサイズのスリーブ

昨日注文したスリーブが届きました。
流石Amazonさんだ!翌日お届けするその速度、化物並だ!
今回、木馬とかナショナルエコノミーでミニユーロサイズのスリーブが必要になりました。
これの問題は、未だに新潟で取り扱っている店舗を見たことないという点です。
家電量販店のTCG側を見ても当然ありませんし、カードショップにもありません。
どこか一つでも良いから扱っていてほしいんですけど、どうしてもないんですよねぇ。
コストの問題なんでしょうか?
仕方がないので通販に手を出すのですが、高いんですよねェ!
普通のスリーブなら高くても300円とか、その程度。
自分が使うのは安くて100均とか、グレードが上がっても180円くらいです。
しかし、ミニユーロになると50枚入りで300円とか、100枚入りで600円とかがザラです。
これは恐らく必要とするゲームがそこまで多くないというのが原因なのかなぁ、と思ったりしています。
そう考えると仕方がないかもしれない…という気分になりますが、それはそれ。
需要が存在するから是非とももっと安く取り扱ってほしい!
ただの我侭ですけど。
今回はAmazonポイントがあったので、それを使って購入することにしました。

Mayday Games Mini Card Sleeve 45 MM X 68 MM pack of 100 by Mayday Games [並行輸入品] Mayday Games Mini Card Sleeve 45 MM X 68 MM pack of 100 by Mayday Games [並行輸入品]

Mayday Games
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これなんですが、値段はなんと880円。
しかも現在は自分が買ってしまったので、在庫がたったの1点!
こんなんAmazonポイントがなけりゃ手を出しませんから。
他に取り扱う通販店舗ありますし。
Amazonだとこれだけですかね、多分。
それにしたって、随分とぼったくるなと思いたくなりますが、仕方ない仕方ない。
ちなみに、他の通販店舗では300円くらい+送料の300円くらいで済むものだったりします。
なので現金で払いたいという人はそちらを利用するのが利口ですね。
プライムで送料はねえけど、送料込みより高いってどういうことだ。
そんなこんなでやたらと値の張るスリーブを手に入れました。
これで木馬と英雄がプレイできます!
まぁナショナルエコノミーの分が足りないのでもう1つ買う必要があるんですけどね!
ついでに普通サイズのスリーブも2つ必要なんだなぁこれが!
勘弁してほしいかな。
それでは今日はここらでサヨウナラー

誰も出てこない

出てきた率2/7

誰も出てこない 誰か出てきた
誰も出てこなかった 誰か出てきた


いきなりですが、今秋ゲムマの新作、「誰も出てこない」が思ったよりも盛り上がりました。
遺跡から宝物をGETしながら脱出を目指すゲームなのですが、人の邪魔をしすぎてクリアできません。
今のところ、7回ほどプレイして誰かが脱出したというケースが2回だけです。
なんでしょうね、「このぐらいなら余裕っしょ!」という考え方がいけないのでしょうか。
最初にやった時、裏返したエリアカードの手前までしか行けないというルールでやっててあっさり全滅しました。
流石にこれは不味いだろう!と読み返してミス発見、早速修正ルールでプレイ。
結局死ぬんですけどねェ!
ゴーレムが気付いたら真後ろに立ってて殴り殺されました。
そんな感じでプレイしてたのですが、このゲームは想像以上に協力ゲーです。
なにせ半分が死んだらゴーレム=サンの移動速度が倍になるわけですから、敵でも死なすわけにはいきません。
これまでプレイしてきたボドゲのように、協力100%、敵対100%としっかり決まってないのが面白いかなと。
敵というのは知ってるんだけど、構造的に協力せざるを得ない…という謎のジレンマ。
慣れてきたらどの辺までは完全に敵対しても大丈夫なのかが分かってくるのが楽しいですね。
個人的に好きなカードが指輪と盾、そして腕輪。
順番に「邪魔カード」「微妙に邪魔カード」「邪魔カード」な辺りプレイヤーとしての立ち位置がしっかり見えますね。
腕輪は相手に得点を与えることになるので、そこら辺マイナスポイントですが、それでも強いことは強い。
実際、これを貰った人が2連続で引いていたを見たので、わりとドン引きです。
指輪と盾は言わずもがな、相手を陥れたいのかと言わんばかりのカード。
このゲームで特に怖いのが、道の配置。
連続してゴレームトラップが2個の道が配置されると、もうそこはただの地獄。
ただでさえゴーレムは特殊マスを飛び越えてくるのに、それが全部ゴーレムのエンジン的なアレとは…。
その先に戻るマスなんかがあったりしたら、もうどうしようもありません。
そのせいで詰んだことも数回ありました。
結構難易度がシビアな所があるなぁと思いますが、チキンレース感が出ててすごく楽しいです。
大人数でも楽しめますが、3人とかでも遊べるので上手く考えてあるなぁと思います。
これは是非とも色んな人とプレイしたいですね。
結構プレイングに差が出ます。
それでは今日はここらでサヨウナラー

page-top