saikoの日記帳

about

マモノレイド

この前、夏コミに行った副産物として、マモノレイドを購入してきました。
蓑竹屋さんの最新作で、前作は買ってないのですが気になってしまいましたので入手。
かなり時間がかかる重めのゲームらしく、ドキドキしながらプレイ。
マモノレイド1
本当に同人?と思ってしまう広げっぷり。
使うのはカードが多いですが、正に「ボードゲーム」といった感じの様相。
そもそもチップが多いっていうのでそれを意識するんだろうな、と。
大体のゲームの展開は、画像真ん中のボードで進んでいきます。
基本的には
①ダメージを受ける
②敵を攻撃する
③パーティを強化する
というのは繰り返して、その過程で得る得点で争います。
ジャンルとしては、パーティマネージメントゲームです。
自分のパーティをどういう風に育てたり、どんなアイテムで勝負していくかを考えます。
3人でプレイ、インストも含めて大体2時間45分かかりました。
慣れればもう少し早くなるかもしれません。
しかし、慣れてくると今度は余計に考えるようになってしまって、時間がかかるかも…?
なんにせよ、パッケージ等にある「プレイ人数×1時間」は合ってるかと。
このゲーム、戦略が結構広く存在しているように思えます。
基本的に、パーティの強化、アイテムの購入、部位破壊で勝利点を稼ぎます。
その中でもそれぞれのスタイルが出てきて、勝利点の稼ぎ方はプレイヤーで違うものになるんじゃないかと。
慣れてくるとおおまかに戦略を考えられるようになる、でしょうかね。
考えることが多くて、各人のスタイルで途中途中で思考したり判断したりが出てきます。
今日は初めてだったので周りはほとんど見ていませんでしたが、順番一つ考えるだけでもかなり変わってくるかなと。
どんな方向に進んでも勝利点は付き物なので、後半を見据えながら戦略立てしないと行けないのが難しい点です。
とりあえず、カードの種類を全部覚えるまでがプロローグみたいなもんですね。
非常に面白い作品でした。
RPGをやっているような感じで、ボードゲームへ自然に落とし込んだゲーム。
上で書いたように、戦略とかが人によって異なるので、長く楽しめると思います。
得点を争うタイプのゲームではヒット作なので、これからも暫くはこれで遊びたいですね。
しかしこうなってくると、前作も気になってくるな…。
それでは今日はここらでサヨウナラー

ヒーラーは二度死ぬ / A Healer Only Lives Twice



WS000000_20150818200800855.jpg


なんとなーく、気になって買ってしまった「ヒーラーは二度死ぬ」です。
前にも書いたように、Twitterで見かけて気になったものが会場であったので、入手。
事前チェックはしない衝動買いタイプでした。
Pon Pon Gamesさんの作品で、最初はPSMで配信していた模様。
今年にできた作品で、Vitaで遊べたようですね。
今回はちょうど良かったかもしれません。

大体こんな感じのゲーム。
自分が操作するのは、右下のヒーラーコマンドと、剣士がどの列を攻撃するのか、だけ。
とはいっても、後半になると忙しくなって、たまに敵のいない場所に攻撃してしまったり、ということも。
やってみて、「おもしれー」って思いました。
時間制限のあるパズルをやっている感覚と、自分の好きなように成長させるRPGが混ざっているゲーム。
敵の攻撃がやってくるまでに考えないといけないという焦りとかが、パズルゲームをやっている感覚に陥らせるのでしょうか?
剣士が成長したり、Lvアップして得たスキルポイントをヒーラーに振り分けたりと、RPG的要素が強いっちゃ強いんですけどね。
風来のシレンを思い出します、やっていると。
上手く素材が出なくて進めなかったり、思わぬ敵の階層にやってきてしまったり。
でもまぁ、運要素はそこまで強くなく、素材がなくたって、アイテムを作れなくたって攻略はできるのですけど。
モードが3つあって、通常モードと、事前強化無効のチャレンジモードと、無限回廊。
このゲームはクリア、またはゲームオーバーになったタイミングでポイントが入り、それでヒーラーを強化できます。
下手な人でもその強化次第でバッチリ攻略ができるようになるってことですね。
物足りない人向けにその強化が無効になるモードと、階層が無限にあるモードを作るのは大正解かなと。
でも、個人的にはもっとスキルツリーがほしいですね、強化する部位を増やしてほしい感じ。
ここらへんは同人だからこその点で、CSなら満足できるんでしょうね。
運要素も絡む部分はありますが、基本的には詰将棋な感じがあります。
よほど運が悪いとどうしようもなくなることもありますが、倒す敵の順番とかをしっかり考えればなんとかなります。
こういうゲームは、やはり中途半端に手広くしようとするよりも、一点特化の方が楽ですね。
なので自分は「体力→マナ」と「回復」を一点集中で鍛えて、後半は攻撃強化と防御強化をして、後は祈るというスタイルです。
防御が下がる代わりに2回攻撃、とかも強いのですが、ああいうのは個人的にロマン感があるので使いづらいですね。
アイテムに頼るプレイだと、素材がなくなって困るんだよなぁ。
ダラダラと書きましたが、非常に面白い作品かと思います。
ですが、「鍛えりゃ強くなる」わけではないので、そこだけ人を選ぶ、でしょうか?
今の状況と先を考える必要があるので、プレイ中は結構忙しいです、特に後半は。
このゲームも、時間を忘れて遊んでしまうタイプのものなので、時間がある時にじっくりと腰を据えてプレイすべきかと。
でも1回やると疲れて休憩を挟んでしまうのだよなぁ…。
そんな面白いゲームを作ったPon Pon Gamesさん、次回作も作成中のようです。
画像を見てみると…2Dスカイリム?
[成功62%]とかあると、TRPGを思い出してしまう。
次回は…何やろうかな。
C88はあまり買わなかったし、不明不明。
ALFINEができるようになったらそれやって書くます。
それでは今日はここらでサヨウナラー

page-top