saikoの日記帳

about

サンゴク拡張「争覇の彼方」

リトルフューチャーさんの作品であるサンゴクに拡張セットが出ました。
その名も「争覇の彼方」!
追加されたのは主に群雄勢力晋国ですね。
まさかの統一した国家がもう出てくるとは思いませんでしたねー。
いずれ南蛮とか、もしかしたら匈奴もありえたり?いや匈奴はないか。
サンゴク
今回のアップデートで、なんと4人まで遊べるようになりました。
いや驚きです、2人用のものが2~4人用になってしまうとは。
おかげでもうしっちゃかめっちゃかの国盗り合戦ですよ。
今回新たに追加された勢力2つ、全体的に面白いのが揃ってます。
例えば「趙雲絶対呼び出すマン」とか「宣言効果封じるマン」とか「好きな兵科になれる?無理でしたwww」とか。
なんというか、4人対戦が意識されたような効果を持つカードとかも追加されています。
水鏡先生とか成都勢とか、有名所もかなり追加されています。
司馬炎さんなんかは世界史の教科書も出てきますよね、確か。
ゲーム自体については、乱戦で入り乱れるものになりましたが、割と安定してますね。
似たような効果はあると言えど、1枚1枚は別の効果になっているのがその一因なんですかね?
黄忠辺りはほとんど一緒ですけど、ここまで効果が被らずにカードの枚数が多いのも珍しいのかも。
今回追加された各自が持つカード、王道とか覇道とか、そういうのも面白くなる要因になってますね。
邪道なんかは下から引くとか「下戻し」殺しですし。
王道は必ず1つ上になるとか効果的な能力ですし。
個人的に一番好きなのは帝道で、後出しジャンケンができるというのが強くて良い。
そんな感じで、かなり初期よりも強化された内容になりました。
複数人になるということで不安もありましたが、問題なく面白くてかなり安心しましたね。
割とやりたくてウズウズしてますが、少し時間がかかるためにやる機会が少ないです。
それにしても、このルールを整えるのにかなり苦労しただろうなぁ、と思います。
なにせタイマンゲームをパーティゲームのようなものに変えたわけですからね、その苦労が伺えます。
どれほどテストプレイしたのかが気になりますね。
次回作もあるんでしょうか?
Twitterでは1人用がどうとか…?いやまさか、ね?
今は幕末カードゲームを作っているようなので、そちらも少し楽しみです。
うーん、中々気になる企業ですね、本当に。
次回は…特に遊ぶもののストックがありません、大分先かな。
そろそろ冬コミの頒布物を消化しないと、とかアホなことを考えているのがぼくです。
それでは今日はここらでサヨウナラー

init

春ゲムマの新作「init」です。
MRエンターテイメントさんの作品になります。

写真 2015-05-18 10 17 42

Javaだかプログラミング言語だかが題材になっているということで買ってみました。
こういうシンプルなデザインが好きというのも購入理由になりますね。
ただ、自分はJavaでコーディングするのが死ぬほど苦手なので関数知りません。
長えんだよ!Javaは長えんだよ!!
それはそれとして、このゲームは「変数を初期化する」というのが基本になっているみたいです。
とりあえずプレイしてみたら、案外周囲に好評でしたね。
やることが単純っていうのがウケたみたいです。
内容は白の変数カードに黒の初期化カードを置いて、bitが合わされば得点としてGETできるもの。
何回かやっていますが、今の所は5分から15分くらいでプレイできています。
1枚引いて置いてを繰り返すゲームなので、そこまで深く考えずにできるのが良いですねー。
前回書いたワトソンの条件とは真逆な感じ。
説明書にもあるのですが、ゲーム終了条件であるSystem exitが2枚初期手札に来たら諦めるしかないという。
「諦めて出してください」だかなんだかと書いてあって笑いました。
引き運が異常な自分は当然のように引くわけですが。
1回のプレイが短いからこそ放置しても問題ない点なんでしょう、多分。
前の作品である「掟破り」は買っていませんが、そちらも気になりますね。
中々システムが面白いので、他の作品もどんなものなのでしょうね。
今は新作をクラウドファンディングやってるみたいなのですが、そっちも合わせて見ておきたい所。
今年の秋に発表でもするんですかね?
次回はサンゴクの拡張になるかなー、とか考えたり。
それでは今日はここらでサヨウナラー

page-top