saikoの日記帳

about

らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE

はい、らぶおぶ恋愛皇帝でした。
発売から早1週間、中々の人気が出ているご様子。
いやー、アレですね、商業化から始まり、上手く軌道に載っている感じがありますね。
ブランド自体、ネット関連、Web関連を良く活用している気がします。
Twitterなども大いに使っていて、面白いブランド、みたいな印象がありますね。
同人の頃のゲームもプレイしていたので、その分気になっていました。
らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE
で、中身をプレイしてみましたが、流石にはとさんのシナリオですねー。
安定感があって、同人時代を思い出すような感じ。
惜しむらくは、絵師の存在ですかね…個人的に前の人のが好きだったんですよねぇ。
同人時代は、2人か3人ですかね、交代してして。
自分としては、ひずみさんの絵がとても好きだったんですけど、メイン変更してましたね。
スーだけひずみさんだったので、とりあえずスー√を終わらせました。
で、ですね。
共通から個別(1人)終わらせたわけですけど、全体として完成度は良かったと思います。
シナリオ自体、はとさんの文章は好きなわけで、どんな感じにまとめられているかなーとドキドキしたもんですけど。
しかしそこは同人時代から変わらぬものがありましたね。
この人の文章、自分は「言葉遊びが好きだな」っていう印象があるんですよね。
事実「愛」と「会い」と「哀」とかそういうのを使っていたこともありましたし。
今作でも「数」というキャラ名を上手く使った…というか数に絡めた感じのシナリオになっていましたし。
所々、この人の文章だなとわかるような感じになっていました。
やはり、特徴的な文章は頭に残ります。
共通自体は、そこそこの長さがありました。
大体3時間くらいですかねぇ、全部で。
ネタ要素、というか面白い、の一言に尽きますね。
正直な所、劣化してないかなー…とか思ったのですが、全くそのようなことはありませんでした。
むしろクオリティが上がっている気がしましたね、文章の。
ギャグ要素多いのは相変わらずで、キャラの掛け合いも文句なし。
テンポが良い文章ですよ、ええ。
シリアスも変わらず、自然と入れてきましたね。
しかしシリアスの中にもギャグ調を入れてきて、そこがまた面白い。
結構特徴があって、面白いですね。
で、個別ですが…なんだか消化不足な感じがあった気がします。
まぁ、まだスーの√しか終えてないので、何とも言えませんが、なんだかやけに短かったんですよね。
共通の半分、かそれ以下か、くらいで。
伏線と思っていた所がそうでなく、大きな山があるのかと思えばそうでもなく、
スー√は特に大きく広げない予定だったんですかね…なんだか切ないです。
一番好きなキャラである分、悲しみも倍増。
これから他のキャラもやっていく予定ですが、どうでしょうかね。
キャラによって√の長さが変わるとでもいうのか…。
WLO思い出しますね、アリサ√。
アレは異常に長かった記憶があります。
絵の方は、まぁこれといって違和感もなく、まぁ。
欲を言えば、ひずみさんの絵がもうちょい多くしてほしかったなぁ、と。
あの人の絵、好きですからねぇ…まぁしょうがない。
基本的には樹さんのかむちゃさんのか、の絵がメインでしたね。
立体感がある絵で、肉付き半端なかった。
大体そんな感じで、個人的には最高の一品でしたよ。
割と評価割れそうな部分ありますが、面白かったです。
次回作、これなら期待しても大丈夫そうですねぇ。
とりあえず、今日明日中に全√終了したいと思います。
ご馳走様でした。
それでは今日はここらでサヨウナラー

page-top