saikoの日記帳

about

「今わたしがほしいもの」


本棚をくれ。
切実な願いである。
増えてきた

大量の本を所持している方々からしてみれば無いに等しい量ですが、増えてきました。
昔、中学や高校の頃はしょっちゅうラノベを買っていたものですが、最近まではそんなことはなくなりまして。
なんとなく面白い作品があって、それを手に入れてしまったら次へ次へと…。
通勤時の暇つぶしとしてまたラノベを買い始めたりしてます。
最近のラノベはよくわかりませんが、なろうからの作品が結構多いことは知ってます。
その辺に手を出す気はあまりないのですが、よほど面白いと思ったのがあれば買いたい、かも?
基本買えるなら中古で買ったりしてしまうタイプなので、買わないとは思いますけど。
(境ホラは新品で買ったけど)
本棚が圧迫されている理由は、多分これ。

重い

境界線上のホライゾン、高校までちょっと読んでました。
前作のAHEAD、終わりのクロニクルシリーズは司書様に全部入れてもらって読みました。
ちなみに、本の後ろに貸出カードがありましたが、卒業時でさえも最終巻は自分の名前しかありませんでした。
いやー、流石に1冊700ページとかある、しかもラノベを読みたがる人間ってあまりいねーのね。
ラノベ好きはわりといたっぽいので、ぜひとも読んでほしい作品だったんですけど。
そんなこんなで、結局当時の現行巻まで読み終わらなかったので、買い集めることにしたわけですよ。
しかし、上の画像にあるように、川上氏の作品はなんかもうページ数がおかしいわけで。
ラノベにしては(いやラノベなくても?)やけに鈍器くさい作品です。
こいつのおかげで本棚の圧迫がひどすぎて棚整理しました。
今ある巻数集めきるとなると、足りなくなる?
というわけで、誰か本棚ください。
まあそれが手に入っても置くスペースがまるでないんですけどね。
どうしようもねえな。
それでは今日はここらでサヨウナラー

page-top